MENU

「5つの質問」の必要性

商品やサービスなどを販売する際は、コピーライティングにより商品の魅力を伝えようとする。そのコピーライティングをする時に、より優れたものを書くためには、まず、その商品のコンセプトを明確にすることが大切です。

 

コピーライティングを効果的に進めるには、新pasonaの法則に従って書くことが大切です。ただ、新pasonaの法則にヒントをもらう前に、「5つの質問」に答えることで、自分が売る商品やサービスが、「どのようなお客さんのために、どんな目的で、ズバリ何か役割が果たせるのか」ということを明らかにできるようになります。それでは、5つの質問について詳しく説明します。

 

1、「自分の商品の特徴を20秒以内で説明しなさい」という質問を答えるには、自分の商品のことを十分に把握している必要がありました。そのため、この質問を答えることにより、自分の商品を販売するためのポイントを明確することができるのです。

 

2、「簡単な説明で欲しがるお客さんはどのような人か?」という質問に答えるには、商品を手に取るターゲットを絞って考えられるようになります。

 

3、「既存客は、なぜ自分の商品を選んでくれたのか?」という質問を考えると、ライバル会社との違いを明確にすることが可能なのです。自社の強みやオリジナル性を考え、販売するためのセールスポイントを見つけ出すことができます。

 

4、「お客さんが抱える怒りや不安、悩みは何か?どんなことに対して強い欲求をもつか?を五感を用いて描写しなさい」という質問を考えると、お客さんになる人の悩みや欲求を明確にして、それに対してピンポイントで訴えられるようになります。お客さんは、まず、商品が欲しいのではなく、商品によって手に入れられる“未来”を求めているのです。その未来を把握することが大切です。

 

5、「なぜお客さんの悩みを簡単に解決できるのか?その答えに対して、お客さんはどのようなことを疑うか?その疑問を解決するための具体的な証拠は何か?」という質問を答えることで、購入してもらう後押しができるようになります。