MENU

「新pasonaの法則」と旧バージョンの違いとは?

コピーライティングのテクニック「新pasonaの法則」は、「Problem(問題)」、「Affinity(親近感)」「Solution(解決策)」「Offer(提案)」「Narrowing down(絞り込み)」「Action(行動)」という順番で構成されています。

 

「Problem」は、お客さんの欲求や解決したいと思っている問題を指摘します。「Affinity」では、自分もお客さんと同じ問題を抱えていて、同じように問題を解決させたいと望んいる、と親近感を与えます。「Solution」では、その問題には解決する方法があると伝えます。「Offer」で具体的な解決方法を提案します。「Narrowing down」では、その提案を受けるには条件があることを伝えます。そして、「Action」では、すぐに行動する必要のある理由を伝えて、購買行動を促します。

 

旧バージョンのpasonaの法則では、「Affinity」の部分が「Agitation」となっており、お客さんを“煽り立てる”表現から、“親近感”をもってもらう表現に変えられ、お客さんに寄り添った形になりました。これは、時代の変化によるもので、現代では、「煽る」ような投げかける表現は受け入れられず、お客さんの立場に立つことが大切だと考えられているからです。

 

そのため、商品の魅力をコピーライティングする際は、その商品の優れているところを紹介するだけでなく、その商品がお客さんにどのような利益を与えるのかを紹介するのが重要ということです。
商品の売上が一向に上がらずに悩んでいる人は、新pasonaの法則でコピーライティングを学んでみると良い。