MENU

「pasonaの法則」と「新pasonaの法則」とは?

「新pasonaの法則」は、お客さんが思わず買いたくなるコピーライティングのテクニックです。この法則が誕生した背景には、考案した経営コンサルタントの神田昌典さんが、さまざまなクライアントの広告文を添削している間に、大ヒットする広告文には、共通点があることに気づいたことからです。その共通点のパターンをまとめたのが「pasonaの法則」です。このpasonaの法則は1999年に考案されましたが、2016年にはさらに進化した「新pasonaの法則」が提唱され、コピーライティングにおいて成功率の高い広告文が書けるようになると注目を集めています。

 

旧バージョンのpasonaの法則は、5つの要素に分けられています。

 

pasonaの「P」は「Problem」で“問題”を提起して、「A」は「Agitation」で問題を“煽り立てる”、「SO」は「Solution」で“解決策”の提示し、「N」は「Narrowing down」で緊急性を用いて“絞り込み”、「A」は「Action」は“行動”を呼びかけるのです。

 

つまり、お客さんが抱える問題を提示して、その問題をより詳しく煽り立て、売ろうとしている商品やサービスを紹介して解決策を示し、お客さんに必要であると煽るために絞り込み、最後に、その商品やサービスの購入方法を明示する、ということです。

 

それでは、新pasonaの法則ではどこが変わったかは、、「Agitation」が「Affinity」に変わり、「煽り立て」から「親近感」になりました。さらに、旧バージョンでは、「SO」で「Solution」となっていましたが、新バージョンでは「Solution」と「Offer」に分けられ、「提案」が加えられ6つの要素で構成されるようになりました。