MENU

「新pasonaの法則」は、お客さんが思わず買いたくなるコピーライティングのテクニックです。この法則が誕生した背景には、考案した経営コンサルタントの神田昌典さんが、さまざまなクライアントの広告文を添削している間に、大ヒットする広告文には、共通点があることに気づいたことからです。その共通点のパターンをまとめたのが「pasonaの法則」です。このpasonaの法則は1999年に考案されましたが、201...

コピーライティングのテクニック「新pasonaの法則」は、「Problem(問題)」、「Affinity(親近感)」「Solution(解決策)」「Offer(提案)」「Narrowing down(絞り込み)」「Action(行動)」という順番で構成されています。「Problem」は、お客さんの欲求や解決したいと思っている問題を指摘します。「Affinity」では、自分もお客さんと同じ問題を抱え...

新pasonaの法則に沿ってコピーライティングすることで、お客さんの目に留まる広告文が書けるようになります。それでは、新pasonaの法則の6つの要素について詳しく説明していきます。・「Problem」問題を提起する。お客さんが達成したいと思っている欲求や、抱えている問題を提示するのですが、この時、商品を買ってくれるお客さんの理想像をはっきりとしておきましょう。「お客さんの避けたいと思っている痛み...

商品やサービスの広告文を書く上で、コピーライティングの型をまとめた「新pasonaの法則」に従って文章を作ることで、お客さんの目を惹く文章が書けるようになります。しかし、新pasonaの法則で文章を書く前に、ここで取り上げる5つの質問に答えられるようにしておくこともポイントです。1、自分の商品はどんな特徴があるか、2つの特徴を直感でわかるように20秒以内に説明してください。2、商品の特徴を20秒以...

商品やサービスなどを販売する際は、コピーライティングにより商品の魅力を伝えようとする。そのコピーライティングをする時に、より優れたものを書くためには、まず、その商品のコンセプトを明確にすることが大切です。コピーライティングを効果的に進めるには、新pasonaの法則に従って書くことが大切です。ただ、新pasonaの法則にヒントをもらう前に、「5つの質問」に答えることで、自分が売る商品やサービスが、「...

コピーライティングを学ぶ上で、非常に参考になるのが「新pasonaの法則」です。新pasonaの法則を学んで、それに沿って書いていくことで、売れるセールスレターになると言われています。では、そもそもコピーライティングはなぜ学んだ方が良いのでしょうか?コピーライティングをおおざっぱに言うと一般的に、「物を売ったりお金を稼いだりするための技術」と思っている人がほとんど。そんなメリットもあります。それ以...

文章力やコピーライティング力を上げることで、お客さんの心に響く広告文が書けるようになります。また、コピーライティングを学ぶと、その他にも多くのメリットがあるので、それについて取り上げます。・商品が売れるようになる特に、ネットビジネスでは、文章を読んでもらって売ることがほとんどなので、コピーライティングを学んで文章力を磨くことはポイントです。ネットビジネスで成功している人の中には、メルマガやブログだ...

「新pasonaの法則」を学ぶことにより、コピーライティングのテクニックが身に付くと言われます。新pasonaの法則だけを学べば良い、というわけではありない。コピーライティングを学ぶこというのは、さまざまなシーンで役に立つので、学んで損することはないスキルです。また、コピーライティングは、お金が稼げるようになるスキルですが、そのスキルを身に付けるには、それほど時間を費やす必要がないです。弁護士や医...

新pasonaの法則に従ってコピーライティングを行うと、“つい買いたくなる”広告文が書けるようになります。しかし、新pasonaの法則に沿って書いているのに、お客さんがなかなか増えないでしょう。という場合は、大事なポイントを押さえていない可能性があるのです。それでは、そのポイントについて紹介するので、コピーライティングを行う際は、忘れないようにしましょう。・自分のこととして受け止めてもらう新pas...

コピーライティングで学ぶ「新pasonaの法則」は、一昔前に、大変人気のあったあるテレビ番組にも用いられていました。生活情報番組で、その当時、。の人が影響を受け、番組で紹介された食材が、翌日、日本中のスーパーマーケットからなくなってしまう、という社会現象が起きたくらいです。それでは、その番組の流れを新pasonaの法則に当てはめて見ていきます。・Problem(問題の提起)番組の初めに、司会者がそ...

コピーライティングを学んだことのある人なら「新pasonaの法則」や旧バージョンの「pasonaの法則」のことを知っていると思います。全く知らない人もかなり多い。新pasonaの法則は、決まった法則に当てはめてコピーライティングすることで、お客さんが集まる広告文が書ける、というものです。しかし、「それだけで集客効果がアップするの?」と疑う人もいる。似たような人でも、実は、新pasonaの法則による...

多くの人に読んでもらうメルマガを書くには、コピーライティングの基本「新pasonaの法則」に従って書いていくと良いです。しかし、メルマガの場合、まず、相手にメールが届いて、それを開いてもらえなかったら、どのようなに中身が素晴らしい内容でも、まったく意味がありません。それに、メルマガを受け取る相手は、メルマガに対して重要性を持っておらず、本屋で雑誌を選ぶ感じで「面白そうだし読んでみようかな」と、表紙...

コピーライティングのテクニックの新pasonaの法則では、旧バージョンの煽り立ての「Agitation」が、親近感の「Affinity」に変更になりましたが、「煽り立てはやってはいけない」というわけではないのです。セールスレターで、読み手を煽るように書くのは、無理に購入させようとているのではないです。読んでいる人が、気づかないうちに抱えてしまっている問題を知ってもらうためなんです。そのため、セール...

コピーライティングを学ぶには「新pasonaの法則」などのテクニックを習得するのが効果的ですが、コピーライティングは、お金をかけずに身近な材料で勉強することが可能なのです。街のさまざまな場所や、あなたの通勤中にも、参考になるものが。見つかるはずです。まず、少しでも気になった広告文はメモしておきましょう。売れっ子のコピーライターも、目に留まったセールスレターやコピーを書き残しておいて、自分の“バイブ...

コピーライティングのスキルを身に付けるには、「新pasonaの法則」といったテクニックを習得すると効果的です。とは言っても実際に毎日、私たちの周りには、新pasonaの法則の流れで作られた広告が。あり、多くの人がそれに惹かれて購入しているのです。ただ、新pasonaの法則に従って書いていれば、「簡単に“売れるコピー”が書ける」と思っている人も多くいるようです。しかし、コピーライティングのテクニック...

新pasonaの法則に従って広告文を書く際は、ストーリーや五感を用いて書くことが勧められますが、なぜ、ストーリーを取り入れると良いのでしょう?。ストーリーには、人の心を動かす強い力があり、広告文でも、読み進めやすくなるからです。私たち人間は、意識していなくても、ストーリーが好きだと思います。ストーリーというと、、映画やドラマ、アニメ、漫画などがあります。その中で1つは、これまでにハマった経験がある...

新pasonaの法則に沿ってコピーライティングすることで、お客さんを集めるコピーが書けるようになります。また、新pasonaの法則に従って書き続けることで、自然とコピーライティングに必要な能力が豊富に身に付いてきます。コピーライティングの勉強を続けている人ならわかると思います。お客さんの目に留まる文章を書く中で、「言葉の選択」はかなり重要です。「言葉の選択」と聞くと難しく考えてしまいますが、ふさわ...

新pasonaの法則でお客さんの心に響く文章を書くためには、その法則に従っていれば良い、というわけではありません。コピーライティングで成果を出すには、新pasonaの法則のようなテクニックを学び、さらに、文章力を身に付ける努力が必要です。ここでは、コピーライティングの能力を上げる方法を紹介するので、ぜひ取り入れてください。他の人の文章を書き写す「写経」は、コピーライティング力を上げるのにとても良い...

プロのコピーライターは、優れた文章力を身につけているだけではないのです。読む人の目に留まり、商品を買ってもらうために、新pasonaの法則など、コピーライティングのテクニックを習得する努力もしているのです。新pasonaの法則に従って広告文を書いていくと、お客さんの立場から物事を考えられるようになり、読む人の心に響く文章が書けるようになります。ただし、コピーライティングのテクニックを身に付けるにし...

毎日のようにブログを書いている人や、ブログを書くことで収入を得ている人も多い。ブログや文章を書くことに慣れていて、読んでくれる人が多いなら問題ないですが、なかなか読んでもらえずに悩んでいる人もいると思います。趣味程度にブログを書くのなら、読んでもらえなくても困ることはないですが、ブログでお金を稼ごうと思うなら、多くの人が読みたくなる情報の詰まった内容で、心を動かすような噂を書く必要がありました。し...